小説

アタシはお祭りごとが好きだった。みんなよく騒ぐじゃない。アタシがひとりきりで閉じ込められていたおうちの中にも響いてくるのよ、世界は今幸せなんだって言い張るようにみんな騒がしくしてるのが。人の起こす祭りは、アタシにとって世の中のダークサイドを殺してくれるものになっていたの。発祥が何であろうと、アノ人たちは祭りの日には何か特別な信念を持つじゃない。世界平和。いまこそわたれわたり鳥。Japaneseも旗を振って何かをお祝いするのかなあ。なんのためにだろう。なにかが発展したり、なにかがなにかを奉れと言ってもいないのに騒がしくすることが好きなのね。

アタシだって静かな森より騒がしいストリートが好きよ。

先述したとおりアタシはひとり寂しく家に篭っている人間だったから、外で騒がしいことをしているみんなが好きだったの。たとえ人の死であろうと良い、祭りの肴っておもしろいって思えた。

 

だけど、自分のせいで祭りが始まったらなんかなあ、って思っちゃった。これってエゴなのかな。

 

私がお父さんに連れ出されてみたパレード。輝かしいお祭り。マリーの部屋の住人が初めて見た色。飛び交うヘリウムのかたまりと着色剤。走るクイーン。槍を担ぐキング。あわてず、ゆっくりともなさらず行進するおもちゃ兵。アタシたちが民衆になることの素晴らしさ。ああ、アタシは家という籠と車椅子なる不用品たるものを壊した。カラフルで素晴らしい世界へ躍り出た。

 

道路の中心に向かって走り出す。その先には小さい子ども兵が小さい槍を抱えていた。真っ白な肌。まるで昨日会った、クールなアノ人みたい。

あのかぶとは鉄かしら。鉄の匂いはしないのかしら。アノ人が白いパーカーに付けた液体からした、ツンとくる匂いはしないのかしら。

そう思って近付こうとした。

周りから悲鳴が上がった気がした。やめて、いけない、よけて、おじょうさん、そっちへいかないで。

 

腹に何かが食いこんだ。

 

祭りのくせに、どうして。

降ってくる怒鳴り声も、キングの槍も、パレードの終わりを予感させた。

キングが心臓発作を起こして。

女の子がキングの落とした槍に当たって腹をえぐられた。

誰かの声が聞こえた。

自分の腹から鉄の匂いがする。

地面に槍が突き刺さっているから、身動きすると腹の中を貫いた棒が蠢く感覚がして、激痛が走る。

なにもできない。

ねえ、これは包帯じゃ治らないの、お母さん。お母さんどうして真っ青な顔だけしてるの。お父さんなんで舌打ちしてるの。こわいじゃない、やめてよ。おまつりらしくない。

 

もしかして、2人とも、私の命は舌打ちですむものだと思ってるの?

 

目の前すら、見る気力が一瞬で失せた気がした。こんな光景など見ずに死ぬことが一番楽に思えて、だけどお祭りは終わりまで見ていたくて。あれ、死ぬということはどこから分かっていたのだろう。わからないけれど。

地面に垂れるものが風船よりも鮮やかで、赤い。あれ、血って赤いものだったのかな。じゃあ、アノ人がつけていた、パーカーの黒い模様は?お母さんが、ぺいんぺいんごーあうぇい、で付けた、アタシの指に巻いた包帯の下に付いていた黒い染みは?

 

ああそうか。アノ人は。

人殺しだったんじゃないのか。

アタシの神様は人殺しだったんじゃないのか。

最後に得た希望としての宗教は、狂っていたんじゃないのか。

アタシは笑った。

 

あなたのかみさまうそのかみさまよ。

いいや。

 

アタシだけのかみさまにさせてよ。

死は眠りであると言ったあの神様が。あの狂った人殺しの罪人が。

今の際だけでもいいから、彼を救いに死なせてほしいの。

 

頭の中に「Go to sleep」の文字がよぎる。

 

指を重ねた。祈りの形のまま死ぬことにした。聖女のようになれるように。

 

そう、アタシの神は彼だけでいい。

 

あの日から、彼の信徒はアタシだけでいい。

 

理解されなくたっていいのだ。

醜態

オーマイダーティ、部屋が汚い。

冗談抜きに汚い。

汚い。一人暮らしとかしたら絶対汚部屋になりそう。うーん。どうしようか。女子力は別に0でもいいと思うけど、汚部屋になったら生活がしづらい。くるしい。あの人みたいに掃除する?掃除したら部屋の広さが何倍かに増えたとか言ってた人みたいに掃除する?

めんどくせー。掃除というものはとにかくめんどくさい。そもそも自分のことをやるのがかなりめんどくさい。

だからニートと言われるのだ。

寝たい。

グラブってる?

グラブってなくてもいいと思うよ。

 

 

 

私立入試を突破した記念にグラブル初めて、だいたい2週間ぐらいかな。地雷カス初心者の域を未だに脱せないけど、これどこまで行けばいいんだろう。とりあえずゲーム熱を少しは戻そうと思って始めたんだけど、そこまで熱中しなくてもまだ進む。あとクムユちゃんがかわいい。

クムユちゃんがかわいい。

ロリ巨乳。赤面。ファーオ。(よく聞く効果音)
f:id:flovehal0980:20170124214153j:image

(こう見えて肝っ玉小さいのもかわいい)

 

あと、課金という禁断の手を一度だけ使うことにしてヨダルラーハ爺ちゃん(チート)を呼んだので、もうSSRに恵まれることなどないだろうと思った矢先、レジェンドガチャを貰ったチケットを使って一回引いてみた矢先のこいつ。

 
f:id:flovehal0980:20170124214451j:image

 

シャアアズナブルが来た。

いや、ガウェイン(CV:関智一)氏だけど。

調べてみたら「ガウェインくん」と呼ばれるぐらいに親しまれているようなので、これから防御役として頑張ってくれればと思う。よろしく、シャア。

 

で、おにいちゃん枠。
f:id:flovehal0980:20170124215552j:image

ラカム(CV:平田広明)

ハイパーかっこいいぜ兄貴。

女騎士カタリナと徐々に恋愛フラグが立ってるのもいいぜ。

ちなみにメインキャラだからストーリーを進めてれば普通に来てくれるよ。ほらどうよ。

最近前線に出してなくてごめんな〜って謝っても「いいっていいって。」って甘やかしてくれそう。だからこそなんとしてでもおにいちゃんの活躍場所を見つけなければ。それにしても兄貴すてきやね。

 

ほぁーそれにしてもキャラ性が濃い。深い沼になりそうなのが「防御タイプと見せかけて戦闘狂」のザザくん。純粋にかっこいい女キャラはロゼッタ様。いいなー。グラブル楽しいなー。ストーリーを進めていけば私の好きなヤンデレも出てくるし。イェーイ。イエスヤンデレ。イエス束縛。イエス忠誠。

 

さて。また何かあったらグラブル報告します。

 

クムユちゃんがかわいい。

 

よんでいただきありがとうございました。

私立合格発表

本日私立一校目の合格発表。

 

本来はその学校を受験した全員を集めて、そこから受験生1人ずつに渡していくシステムなんだけど、自分は別の仕事(全校専門委員会)があったため、個別で合否発表を受け取ることに。

 

委員会の時に先に合格通知を受け取っていたらしい子が後ろから「私が受かったんだからみんな受かってるよ」とほざいていたから、もしこれで私が受かってなかったら貴様だけは許さねぇぞと思っていた。

ずっと悶々としていたし、落ちたら担任、親にどう言えばいいのか、迷って迷って仕方がなかった。

 

委員会が終わるのが憂鬱だった。

やがて担当の教師の話が終わって、合否発表を持った担任のところへ行くために自分の教室に向かった。

 

教室に入ると担任のそばの机に封筒があった。封筒の透明な部分から自分の受験番号、名前、出身中学校の表記だけ見えた。

 

「ここから開けてください」

封筒の上部分に軽く糊付けされた部分があって、そこを開けと指示された。

 

「そこは性格の差だよね。〇〇さんは丁寧に開けてた。△△さんは、豪快に破ってた(笑)」

 

ここで茶化してくれる担任が好きだと改めて感じた。ばっちり丁寧に開けてやった。

 

「その中身を全部取り出してください」

 

中身を掴んで取り出して、まず合否通知の紙を開いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果

 

Ⅱ類 合格

 

 

 

 

 

 

 

 

泣いた。目の前にいるのが担任じゃなければぼろっぼろに泣いてた。担任に泣き顔見せるの恥ずかしいからこらえたけど。それでも泣いた。

さっきまで落ちた前提で全てを考えていたのに。考えていたのに!ここまできてどんでん返し。国語の点数が化物級によかった?英語の点数がそれなりだった?そのどちらも?わかんないけど。とりあえず嬉しい。受かった。私は受かった。

Ⅲ類で十分だったのに、ワンランク上のⅡ類まで受かった。Ⅰ類は国公立コースとかいうよくわからない名前だから行くつもりはない。つまり予測した限りで、これが最高のパターンだ。

 

そして担任がダメ押しとばかりに。

 

「よく頑張りました。おめでとう!」

 

 

あぁぁ、これは、これは!と思った。担任に。担任に褒められた。よく頑張りましたって。たくさん担任にアンケートの中とかで悩みを打ち明けたりした。慰めてくれることはあった。でもなかなか褒めてもらえることはなかった。それでこそ担任なのだろうと思っていた。その彼から褒めてもらった。私からすれば天才的頭脳の人から。

 

担任から書類を受け取ってる間、ずっと夢心地だったけど。

教室を出た後にまず美術室に向かって、私を見て飛びついてきた美術部の後輩に「私立受かった!!」と叫んだ。かわいい後輩達は「合格おめでとうございます!!」と満面の笑みで言いながら抱きついてきたけど、あれは完全に私の首を絞めて殺そうとしていなかったか?私はあやつらが怖い。

美術室の中には先に合格通知を受け取った友人がいた。どうやら待ってくれていたらしい。ひとりで帰るのは嫌だったからけっこう嬉しかった。

 

家に帰って親に合格を伝えたら、親が「よかったねぇ〜!!」と言ってくれた。あぁ、よかった。制服の胸ポケットに入ったお守りがなんとかしてくれたらしい。神頼みって素晴らしい。あと私が頼りにさせてもらった動画授業の講師の方も最高に素晴らしい。ありがとうございます、先生。優しく教えてくださって助かりました。

 

いろんな方の応援があって、私立合格という第一目標が達成できたと思う。そして、明日から第一志望の公立に向けて勉強だ。

 

でもまぁ、aNOThEr__は荒ぶりながら待たなきゃね。

 

というわけで。私立、合格しました!

たくさんのお言葉本当にありがとうございました!!引き続き公立まで頑張ります!!

きょうのこと

昨日は泣きすぎて目が乾いた。水道水がなんだかおいしい。

今日に不安しかない。

落とした可能性が限りなく高い、11日に受験した学校だが、後日5教科で挑む一般入試があるらしい。

その実施日が2/6。ほとんど時間がない。ましてやわたしには努力の成功例がないのだ。

さて、合格発表の月曜日に落ちるところまで落ちて、それからどうなるのだろう?何もする気力がなくなった矢先にまだ仕事がある。悲惨だ。

今日受ける受験校に落ちた場合、私が高校に進学できる確率は10%ぐらいになるのではないか。

それぐらい追い込まれている。こわい。ああこわい。

スピーチ、ちゃんと話せるかな。筆記試験でケアレスミスを頻発させないかな。期待はされたくない。されたらもっとだめになる。

だから、がんばって、だいじょうぶだよと言われたい。

 

今日の帰り、お昼にまたロコモコハンバーグご飯を買ってくるつもりだけど、涙でしょっぱくならないかな。大丈夫かな。なんだかお腹が痛いや。

 

と、いうわけで、ここで本当に私が落ちこぼれか崖っぷちかに分かれてくるわけです。

 

正念場......。

ひとり言

布団の中にこもってずっと泣いている。

それで何一つ変わるわけではないのに。

だめだったのだから次のために改善点を見つけなければ、もうどこにも受からない可能性が高いのに、何も出来ない。するべきことは分かっているのに。

何もしないのが一番だめなのに、どうしてそこにだめを塗り重ねていくんだろう。