読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私立合格発表

本日私立一校目の合格発表。

 

本来はその学校を受験した全員を集めて、そこから受験生1人ずつに渡していくシステムなんだけど、自分は別の仕事(全校専門委員会)があったため、個別で合否発表を受け取ることに。

 

委員会の時に先に合格通知を受け取っていたらしい子が後ろから「私が受かったんだからみんな受かってるよ」とほざいていたから、もしこれで私が受かってなかったら貴様だけは許さねぇぞと思っていた。

ずっと悶々としていたし、落ちたら担任、親にどう言えばいいのか、迷って迷って仕方がなかった。

 

委員会が終わるのが憂鬱だった。

やがて担当の教師の話が終わって、合否発表を持った担任のところへ行くために自分の教室に向かった。

 

教室に入ると担任のそばの机に封筒があった。封筒の透明な部分から自分の受験番号、名前、出身中学校の表記だけ見えた。

 

「ここから開けてください」

封筒の上部分に軽く糊付けされた部分があって、そこを開けと指示された。

 

「そこは性格の差だよね。〇〇さんは丁寧に開けてた。△△さんは、豪快に破ってた(笑)」

 

ここで茶化してくれる担任が好きだと改めて感じた。ばっちり丁寧に開けてやった。

 

「その中身を全部取り出してください」

 

中身を掴んで取り出して、まず合否通知の紙を開いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果

 

Ⅱ類 合格

 

 

 

 

 

 

 

 

泣いた。目の前にいるのが担任じゃなければぼろっぼろに泣いてた。担任に泣き顔見せるの恥ずかしいからこらえたけど。それでも泣いた。

さっきまで落ちた前提で全てを考えていたのに。考えていたのに!ここまできてどんでん返し。国語の点数が化物級によかった?英語の点数がそれなりだった?そのどちらも?わかんないけど。とりあえず嬉しい。受かった。私は受かった。

Ⅲ類で十分だったのに、ワンランク上のⅡ類まで受かった。Ⅰ類は国公立コースとかいうよくわからない名前だから行くつもりはない。つまり予測した限りで、これが最高のパターンだ。

 

そして担任がダメ押しとばかりに。

 

「よく頑張りました。おめでとう!」

 

 

あぁぁ、これは、これは!と思った。担任に。担任に褒められた。よく頑張りましたって。たくさん担任にアンケートの中とかで悩みを打ち明けたりした。慰めてくれることはあった。でもなかなか褒めてもらえることはなかった。それでこそ担任なのだろうと思っていた。その彼から褒めてもらった。私からすれば天才的頭脳の人から。

 

担任から書類を受け取ってる間、ずっと夢心地だったけど。

教室を出た後にまず美術室に向かって、私を見て飛びついてきた美術部の後輩に「私立受かった!!」と叫んだ。かわいい後輩達は「合格おめでとうございます!!」と満面の笑みで言いながら抱きついてきたけど、あれは完全に私の首を絞めて殺そうとしていなかったか?私はあやつらが怖い。

美術室の中には先に合格通知を受け取った友人がいた。どうやら待ってくれていたらしい。ひとりで帰るのは嫌だったからけっこう嬉しかった。

 

家に帰って親に合格を伝えたら、親が「よかったねぇ〜!!」と言ってくれた。あぁ、よかった。制服の胸ポケットに入ったお守りがなんとかしてくれたらしい。神頼みって素晴らしい。あと私が頼りにさせてもらった動画授業の講師の方も最高に素晴らしい。ありがとうございます、先生。優しく教えてくださって助かりました。

 

いろんな方の応援があって、私立合格という第一目標が達成できたと思う。そして、明日から第一志望の公立に向けて勉強だ。

 

でもまぁ、aNOThEr__は荒ぶりながら待たなきゃね。

 

というわけで。私立、合格しました!

たくさんのお言葉本当にありがとうございました!!引き続き公立まで頑張ります!!