読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友達ができない。

のは別にもういいんだけど(話せる相手さえいれば充分だということがわかった)、遠足の時のお弁当の時間は地獄だった。

1人なのでレジャーシートは敷かずにその辺に座って食べることにした。相変わらずお弁当がおいしくて幸せだった。

だけど最後に残しておいた唐揚げを食べてる時ぐらいに、いきなり名前もわからない先生が近付いてきてわたしの隣に座った。

 

「どこの中学校だったの?」と聞かれて答え、「その中学校の友達はここの高校に来てないの?」と聞かれ「来てません」と答え、もうその時点で私は話すらしたこともない他人から多くの目線を向けられていた。ひたすら死にたくなった。

そして先生は私のことを憐れみに来ていたらしく、友達がどうのこうの、積極性がどうのこうのと話された。

 

言うだけ言って去ったその背を見て、私は怒りが収まらなかった。

確かにその行動は善意だろうが、別に1人でお弁当食べてたっていいだろ。誰にも迷惑かけてないんだからもういいじゃん。しかもお前のせいで周りのクラスメイトからは「クラスに馴染めない人間」ってレッテルが貼られたんだよ。ふざけるんじゃない。

 

もう1人先生が来た。死ねばいいのにと思った。

こっちは自分の身の上話まで絡めてきた。それで安心ができるわけじゃなかったし、むしろ死にたいという思いがさらに強まっていった。

その場から移動しようと思ったが、友達がいないのでそこ以外のどこにも居場所がなかった。どちらかというと逃げ場が。

 

クラスメイトがみんな必死になって私にお菓子を持ってきた。苦手なバレーに誘われた。本当に死にたくて仕方なかった。私のせいで何もかも楽しくなくなっている気がした。

 

誰かが通る度に憐れみの視線を向けてくるのが本当につらかった。

別に関係ないから手出ししないでほしい。その善意は他の方向に使ってほしい。私は私でやっていくからもうほっといてほしい。

本当に助けて欲しい時には助けて欲しい人に助けてもらうから、はっきり言って今まで会話したこともなかった人に慰められても何も嬉しくないよ。

 

帰り道でその事を考えながらふらふら歩いていると、「大丈夫ですか?」とまた知らない先生が声をかけてきた。作り笑いを見せるのに必死だった。

 

あんなめんどくさいところには二度と行きたくない。友達作るものも作れない。

小説

人生の価値観とか、人がすぐに迷い込む発想とかどーでもよさそうな生き方をしているけど、案外僕ってそんなもんじゃないんだぜ。

メッゾさんは至ってそれをどうでもよさそうにつぶやいた。だけど、それが本当に彼にとって戯言なのかはイマイチ俺にはわからなかった。なので彼の動向を見守ることにして、とりあえず表面上では俺は黙った。

「だからクルックスを...殺した時からずっと泣いてたんだ、僕。...大好きだったからね。でももう立ち直ったよ」

「......」

「ねえ、びっくりしてるの?...僕そこまで虚弱じゃないんだよ。......ねえ、それとも僕の話聞き飽きた?」

冗談めいた表情で訊いているはずだろうが、心に適応しない感情が彼の中で蠢いていたらしく、それは歪んだ作り笑いになりかけていた。その表情は俺が一番大好きなものだったが、きっと彼は今の自分を一生認めたくないと思っているのだろう。この人の細められた朱色の目は、親友を手にかけて、アヴィナを衝動的に殺して、次は自分だろうと言いたげだ。俺は彼の口の端に指を引っ掛けたくなったが、そんなことをしたらこの人は俺の思っている方向とは別の向きに壊れてしまうのでもう言いたいことは喋ることにした。

 

「泣けばいいのに」

「は、」

メッゾさんはらしくない乾いた笑い声を出した。

僕はもう大丈夫だよ。どうしたの拓くん。そう彼は震える声で続けたが、俺はお構い無しにもう一度言った。

「泣けばいいのに」

「ね、ねえ、拓くん。一緒にこの曲聞こう。僕が昔から好きな......どうしたの。ねえ」

 

異常なのが俺も、彼もだということはわかっていた。

 

気が付けば彼の首を絞めていた。掠れていく高めの声がほんとうに嫌だった。拓くんやめて。ねえやめて。苦しいよ。君だけは殺したくない、やめて、

 

ああ、やめるのはあんただ、疎ましい!

 

吐き捨てるように叫ぶと、彼はようやく絶望めいた瞳をはっきりと見せた。

 

 

「だって俺とあなたは同類なんだ」

 

大切なものを失ったなら、こうやって2人で堕ちて埋め合いっこするしかないんだよ。

 

 

 

 

 

 

しぬほどかきかけ

めも

いいこと

簿記の課題をクラスで2番目に終わらせた。

 

美術部の体験入部で先輩方に褒められた。

 

国語の漢字テストで満点を取った。

 

 

だめなこと

黒板の板書を消すのが遅れた。

 

 

体育で1人だけ注意された。

 

貧血を心配された。

 

普通に過ごしてるだけで無性に泣きそうになる。

 

英語の授業で周りの役に立てなかった。

 

貧血持ちだからってバスに立ち乗りもできない。

 

教科書を雨で濡らして怒られた。

 

その程度でイライラした。

 

英語の課題が中途半端。

 

まだ寝ていない。

 

高校の中の誰からも興味を示されない。

 

死にたいと毎日のように思っている。

 

近くに誰1人友達がいない。

旅に出ます

さがさないでくーださーい

 

正確には旅というか、軽く迷った。

美術部の体験入部が終わって、玄関まで出た時に停留所に止まっていたバスを見つけて一目散に飛び乗った。

 

私の見立てではそれに乗って途中の停留所で乗り換えればあっさり帰れるはずだったんだけど、どうにもその停留所に行く道と違うところを通っている気がした。バイク屋。ガソリンスタンド。自動車学校。教会。

これはマズイなと思って知っている公園の名前が付いている停留所で降りた。バスはそのまま家とは反対方向に進んでいってたので、あそこで降りてなかったらと思うとこわい。

(というかそのバス、あとから考えてみたら通る停留所がやはり通常と違うものだった)

そのまま公園のある通りに出て公園の前の停留所でバスを待った。時刻表を見ながらいつ来るかそわそわしてたけど、案外数分も待たずに目的のバスが来た。なんかそのバスが行く道も合ってるかすら分からなくて怖かったけど、住むところが近い同級生が途中で乗ってきたのでホッとした。

高校への携帯持ち込みも禁止されてるからスマホを持ってこなかったし、車を持っている父の会社までもかなりの距離があるので長旅になるかと思ったけど、まだまだ小旅行のライン。

でも結構ヒヤヒヤもしたし、バスの車窓からでしかほとんど見ないような景色を見れた嬉しさもあったし、このハラハラ大冒険のために迷えてよかったです。

ブログのこと。

ほかの人の記事に星を付けたい時、中々ページが読み込めず、星の欄が出てこなくて星を付けられないともどかしい。

ってことを書こうと思ったけど、他にも言いたいことできた。

 

普通のスターとグリーンスターの違いは何かといったら、色と付けられる個数。

ふつうのスターは無限につけられて、グリーンスターは数に限度がある。

だからグリーンスター1つの方が、普通のスターがいくつ貰えたとしても嬉しく感じる。

貴重なものを貰えた時ってうれしい。

 

というかお腹が痛い......。

創作

長くておもしろくないことです。

 

創作についての過程。

 

 

 

物心付いてしばらくした時、私はかっこいいアニメやマンガを見て、かっこいいキャラクターが好きになった。

そのかっこいいキャラクターが少しでも酷い目にあったりすると、小さい頃の私はぞっとした。

プリキュア5が4人も闇堕ちした。ヒョエー!

今だったらその一文で済まされることだけど、昔の私にとってはこのあとどうなってしまうの?という不安でいっぱいだった。

悪の組織の手によって、残ったプリキュアはどうにかなってしまうの?(昔の自分にとって殺されるという概念は感じ取っていたが、見ないふりをしていた)と心配した。

結局その回でプリキュアは卒業した。イエー!

あのあとプリキュア5人がどうなったかは知らない。でも全員、映画版のオールスターズの予告では元気そうにしてたから多分大丈夫だと思う。レモネードちゃん...。

 

で、その惨状を見た私は、私の見た「かっこいいキャラクターが屈する」情景を食い止めたくて仕方がなかった。

 

ランドセルを背負って学校に行く中で、悪役になってしまったプリキュアのことを考えて、それで、この状況は嫌だから、と考え始めた。

 

なので私は、頭の中で最強のキャラクターを作って悪の組織を滅ぼすことにした。

 

最強の魔法使いはとても強い。なんでもねじ伏せるけど、暗躍者だから、功績が認められない。暗躍者。それでも素晴らしいヒーローなのだ。えらいこなのだ。

そして最強の魔法使いを作って敵を全員消し去った。

学校についた時にはプリキュアが元気そうにしている。ああよかった、めでたし。

そうすることで私の心に安寧が訪れた。

後悔も何も無かった。今までプリキュアが積み上げてきた功績もスルーして、最強の魔法使いのお陰でプリキュアがご存命されたという事実だけで私は生きた心地になれた。毎日それを繰り返した。

 

ただプリキュアのことが頭から薄れた頃には、残ったその魔法使いの周りに既に「取り巻き」ができていた。

俗に言う脇役たちである。女の子ばっかりで、まさにプリキュアに感化された設定だった。

かわいい女の子。クールな女の子。人ならざる妖精。怖い悪者。

典型的だった。

 

私はその魔法使いと、その取り巻きたちの漫画を描いた。まだ自由帳に残っている。

それは世界の命運を賭ける戦いにまで発展した。一度世界が滅びた気もする。それでも最強の魔法使いは奮闘した。世界が滅亡したって悪者に勝って、世界を復活させてハッピーエンドに導いた。

描いて行く中でこの魔法使いは凄いなと思った。

誰にでも勝てるヒーローだと思った。私の脳内で生きる、素敵な、でも気取らない、誰にとっても救いになるヒーローだと思った。

 

ある日友達と家で遊んだ。

「この女の子、誰だと思う?」

まだその頃は「山」と言われるぐらいに積み重なっていない自由帳の1ページを友達に見せて、自慢げに語った。

「魔法使い!」

友達はそう答えたが、私にとってはそうじゃなかった。そうだ、違う。あの頃の私にとっては、ただの魔法使いではなかった。

「違うよ」

「ええ?じゃあなんだろう」

戸惑う友達を前にして私は言った。

「この子アリーナって言うの。ヒーローの魔法使いだよ!」

「なにそれ。わかんないよ」

 

友達は冷めた。ずっと続くと思っていた友達の関係は小学校の3学期間、つまり1年度で解消された。今思えば当たり前だったし、アリーナなんて私と親以外誰も知らない、ただの「魔法使い」だったのだ。

 

誰かにもっと最強の魔法使いを認めて欲しかった。私の作ったヒーローはこんなに強いのだとわかって欲しかった。なのでその時の担任に「私の作った漫画を帰りの会で読み聞かせてください」と頼んだ。ありえねー。今の私がその時の私の担任だったら殴り殺して、裁判にかけられて、死刑になっても構わないぐらいにありえねえことだった。

 

漫画の読み聞かせがたった2回で終わったことにまで私は激昂した。

ああ私のヒーローかわいそう。私かわいそう。あーあ、と思った。そんな生活だった。ただの自己満足が露呈しただけでできた、自己制作の嫌なことたっぷりの。

 

時代が移る。

 

小5の時、自由帳を買い忘れていて、自由帳を切らしてしまった時期があった。教室の端っこにあった、自由に使用することができる厚紙を拝借して、私はキャラクターを描き続けることにした。その頃私の自由帳の消費ペースはとても早く、3日で1冊を使い切っていた。最盛期のころだけど。

自由帳は厚紙を取り始めてから2週間ぐらいで買えたけど、その期間の間にたっぷりあったはずの厚紙はほぼなくなった。

小6になっても私は新しいキャラクターを作り続けて、とにかく絵を描いた。そして担任に絵を描いていることを笑われた。〇〇ちゃんは外に行って遊ばないの?と聞かれた。絵を描く方が楽しいですと答えた。ある日、強制的に外に連れ出された。縄跳びをさせられた。二重跳びができるようになれという課題を課された。できないので叱られた。苦痛だった。苦痛で仕方がなかった。絵を描けないのがつらかった。いや、創作ができないのがつらかった。そういえば、小学校を卒業する前日にも、あの担任の熱血漢の理論でこっぴどく叱られて、ああ、死にたいと思った。

 

その頃、家で私はネット上の小説を読むことにも浸っていた。プロから見ればアマチュアが書いたものも、私にとってはプロだったし、憧れの的となった。こんなに美しく戦闘シーンが書けるなんて!こんなにかっこいい言葉を書けるなんて!私は読み入った。そして文章を書きたいと思った。

 

中学校に入っても教室で絵を描き続けたかった。

それは確かに個性だと認められると思った。だって静かに自分の好きな絵を描いている。誰にも迷惑をかけず幸せに生きている。それはとてもいい事だと思った。

始業式の日、待ち時間、周りが静かに待機する中、1人で絵をいつも通り描いていた。

でもどうやら、それがいけなかったらしい!

静かに絵を描くことで私は弱者としてみなされた。

あいつ絵ばっかり描いてるから。それだけで。

それから散々だった。男子にこいつのこと嫌いなんだよね、と私の目の前で私を指して言われた。少しでも目立つ行為をすればしゃしゃり出るなと罵られた。あいつだけは大嫌いだ。最悪な表現をするなら、許されるのなら成人式の日にぶちのめしてやりたい。

あと、嘘の告白で呼び出された。ある男子から、大事なことがあるから昼休みにここに来てと場所を指定されて、来ても誰も来なかった。

夏休み、美術部の活動に向かおうとすると、遠くから運動部の女子が「〇〇さん、■■君が4時に△△室で待ってるって」と声をかけてきた。隣の友達のスルーしろという言葉に賛同した。

あと、中学1年の時の担任はいじめを見て見ぬふりする人間だった。「霧森という男」という私の創作文の中で詳しい事実は書いている。なのでここでは控える。

(なお中2の時の担任はいじめを根絶しようとする精神が素晴らしく何度も救われた!そして中3の担任は1度もクラスに対して怒鳴ることなく、されどクラスをまとめあげた偉人だ!やべえ!そんなあなたの嫁さんが羨ましい!中1の担任は滅びろ!)

 

なんというか、とても悔しかった。

キャラクターを描いているだけで虐げられるのが辛かった。

じゃあお前らの好きな漫画家はなんだ。小説家はなんだ。と聞きたかった。

 

 

このとおり、メインカルチャー界隈では、教室で絵を描いてばかりいるといじめられるという事実が、その1年でわかった。

 

なので、私は家で創作を続けるため、絵に加えて文章を書きはじめることにした。

そこで書きはじめた長編処女作が「ぼくらときみのさいしゅうせんそう」。あれの構想自体は小4〜小5から芽生えていた。書くのが楽しくて仕方がなかった。絵もいいけど文も楽しいと思った。

そして、2年生になってからは自由帳をできる限り封印することにした。だっていじめられますから。ねえ。

藁人形にどんな拷問しても足りないぐらいに憎い奴のおかげで文章が好きになれたよ。ありがとう。

 

中2の時に書いた作文が県展に入選した時は嬉しかった。今まで絵で取ってきた賞が文を書くことでも手に入る。私の文章力はすごい。すごいんだと思った。

まあ全然すごくないが。この井の中の蛙はもう高級車に轢かれて死んだので大丈夫です。

 

そして3年生になった。

前述した聖人君子のような担任と出会った。(素晴らしい。本当に出会えてよかった。あなたのおかげで理科が好きになったし受験に挑むためのモチベーションが生まれていった。絶対に高校の制服見せに行きますね!離任式の日もお変わりなさそうでよかったです!)

それで。

私は3年生になって、まず今後の抱負を作文にすることになった。お安い御用だったのでさっさと書き上げた。

その時間が終わったあと、担任に声をかけられた。

「〇〇さんの文は夏目漱石の書く文みたいだね」

夏目漱石=坊ちゃんなのでうまく納得がいかなかったが、馬鹿な私にはかなりの名誉であった。国語の先生にも褒められなかった文が褒められたので、やったー!となった。

 

それからしばらくして、受験がすぐそこに迫った日。

私の書いた小説が、なんとまあサイトで金賞を受賞した!

馬鹿な!こんなのが!蛙を轢いた高級車の運転手がそう思っただろうけどしゃーなし。やっと認めてもらったんや。

冬休みの日記にそのことを書き、学校で報告した。

担任が驚いた。すげえじゃん!と言った。も〜〜〜嬉しい。嬉しい。夏目漱石の時より嬉しかった。

今まで私の絵を馬鹿にしてきたやつらは一斉に金賞?すげえ!と言った。見返してやった気分だった。

 

なんでこんなにうれしいかというと。

 

受賞したぼくらときみのさいしゅうせんそう。

これは、過去の夢が叶ったということなのだ。

昔作った最強の魔法使い。全てを退ける魔法使い。

誰にでも勝てる。最強の。

 

さいせんの主人公であるトヤマミコトは、確かにアリーナをリメイクした存在だった。

何をされても死なない。仲間を救う。悪役を打ち倒すために動く。暗躍者。ダークヒーロー。

それがやっと認められたと思った。

 

もちろんトヤマミコトだけが見られて受賞したというわけではない。取り巻き、脇役の力もある。全部合わさって、あの小説は金賞を取れた。

今までやってきたこと、自由帳に描き続けたキャラクターや設定たちも、サイトや紙にまとめ続けた文もここで報われた。

 

ひとつだけ、目指したものが手に入った感じだ。

 

 

今、Twitterで創作キャラについて呟けば、時折誰かに興味を持ってもらえる。本当にありがたいことに、描いてもらえたりもする......!それが嬉しくて嬉しくてたまらない。全部のキャラが大好きだから。昔は見向きもされなかったから。虐げられてきたから。

ほんとうにありがたい。いくら土下座したって足りません。させて...。

 

 

 

長いこと書いてた。起承転結が掴めない。

でも全部本当のこと。でもノンフィクションを書くのは慣れてないので、うまくまとめるにもまとめられない。

 

 

とりあえず創作ってたのしい!

公立合格発表

志望校の合否発表。

 

発表の場所は体育館。番号の書かれた看板のようなものは見当たらなかったが、体育館の奥にある豪勢な幕が閉じられていた。多分あそこが開くのだと察した。

 

発表時刻の9:30まであと5分に迫って、隣にいる母と会話していた。

「落ちても何も言わんでね」

「◯◯(私立)で頑張るから」

受験番号を何度も確認したが、私が面接で言った番号と何一つ違いはなかった。

 

同じ学校のライバルは恐らくみんな受かると思った。明らかに得点が良かったから仕方ない。

時計の長針が6を指した。

 

「受験者は前に出てご覧下さい」

 

いよいよ来た。

1人だけ落ちたら惨めでしかないので、結果を見てすぐ帰れるように少し遠くから番号を見ることにした。

 

幕が開いた。

番号の書かれた看板が見えた。

 

 

 

 

 

 

 

私の番号があった。

 

 

 

 

 

 

泣いた泣いた。大号泣でござった。落ちたと勘違いされるぐらいに泣いてたからそのかわりによかった、よかったととにかく絶叫していた。母と一緒にわんわん泣いた。頑張ったね頑張ったねと頭を撫でてもらいながら泣いた。

合格者のための書類を取りに行った。受験票を先生に見せると「△△番、はい、◯◯さんですね。」と返された。書類に明記されていたのは私の名前だし私の番号だった。頬をつねっても痛かった。

ああ夢じゃなかった。それを感じてまた泣き出すと、目の前の先生が「頑張ったね、よかったね〜」と笑ってくれた。ハンカチで目元が痛くなるぐらいに涙を拭った。

 

あーもう、嬉しい。嬉しいぞ。私はやりきった。もう叶えることは叶えた。はやく担任に報告に行きたい。あー嬉しい。

ともかくこれでやっと楽になれる。

 

応援してくれた方々本当にありがとうございました...。今まで不安とかを吐き出したりして迷惑を沢山お掛けしましたが、無事志望校に合格しました。目指していた高校で将来のために頑張ります。