ふご

久々にここでFGOの話をする。

人理修復はとうの昔に終わりました。新宿も証明、アガルタも団円、剣豪も完勝、セイレムに続いて第2部アナスタシアも終了。アポイベもそろそろ終わってしまう。すてきだよカルナさんッ...!

飽き性の私ならもう既に飽きている頃合。浮気性の自分が一つのジャンルを好く時間なんてとても少ない。

だがどうやらそういうわけにはいかない。

村が燃えている。世界に名を馳せる最高の探偵を推す村が。

 

 

ついに到来した“奴”のメインイベント、虚月館。

虚月館。

虚月館ですよ奥さん。


どうですか。ガチャ、引きたくなるでしょう?

 

ならない?そうですか......

多分大半の人がわかったはず。お察しの通りこの人である。

 

 

f:id:flovehal0980:20171122225624j:image

底無し沼だった。

沼以外の何でもなかった。 

この男やばすぎました。全世界に名前知れ渡ってるシャーロック・ホームズがやばすぎました。ごめんな国語のワークに名前載ってたの見逃してて。あの時まだ沼に落ちとらんかったんさ。ゆるして。今大切に保管してるから許して。

 

まあそれはそれとして、まず、シャーロックホームズといったら世界中でめっちゃくちゃ有名な探偵さんです。FGO世界においての探偵の祖です。FGOゲーム内のプロフィールでも彼の知名度の範囲は本国・イギリスにとどまらず全世界という判定を下されてます。

本編内で初登場した当時はプレイアブルキャラとしては未実装、それからも本編には何度も何度も登場しつつも未実装の時期がかなり長く続いたのですが2017年の夏にようやく実装されました。

しかし当方は引いてからガチハマりしたにわかです。本編で最初に会った時はウワッ顔がいい〜〜!で終わっていました。ダメな例です。もっと早くハマるべきだったのです。

 

そしてこれはプレイヤーの方にオススメしたいんですが、この男は『アタッカーに特大級の支援をする、同時に自分もアタッカーに回る、味方が全員倒れてもしぶとく生き残る』とんでもない奴なんです。バスターサポーターのマーリン、孔明とはまた違う新種のサポーター、兼アタッカーの地位にあります。

彼の宝具『初歩的なことだ、友よ』はマシュの防御宝具と対極の位置にあるといえるものです。マシュが味方の受けるダメージカット、防御力アップ、攻撃力アップならホームズは敵の防御無視・無敵貫通、味方のクリティカル威力アップ、敵の防御力ダウン。攻撃全振り、アーツ宝具の皮を被ったバスターです。相手は死にます。

3分バリツクッキング。今回はNPをマックスまで貯めたホームズ先生に実践していただきます。宝具を即出せる状態から始めるのが大切ですよ。できればエクストラ・アーツチェインを組めるようなカードも用意したほうがいいですね。

まず彼のスキルである天賦の見識、仮説推論、バリツを一気に使いましょう。溜まったスターが全てホームズに集中し、弱体無効効果もつき、プラスで回避1ターンも自身に付与。これで準備完了です。『初歩的なことだ、友よ』を準備してください。この宝具カードの後に、スターを100%かき集めた彼のアーツカードを二枚並べてアーツチェインをキメるでしょう?アーツクリティカルバリツでタコ殴りにした後にあら不思議、NPが一瞬で再び100%まで跳ね上がります。チート技重ねがけ余裕のチート探偵です。

え?わかりにくい?その性能を抜きにしても深い沼なのは保証しますからガチャを引いてください。さあ。

 

私はこの男のおかげで新宿を楽々クリアすることができました。ホームズは限定キャラなので、本当に今がチャンスです。チャンスなんです。

そこにシャーロックホームズピックアップがあるじゃろう?これ(10連召喚)をこう(タップ)してこう(神引き)じゃ。あなたならできる。爆死は私に任せてください。

 

 しかし彼は味方を守るスキルを持たないあたり、原典らしさがすごく感じられる。なんというか、彼の本領発揮は被害者が出てから。虚月館大丈夫?死体どれくらい出る?

 (あとこれは原典で最高だと思った話なんですけど、シャーロックホームズに嘘をついた人間がその報いであるかのように無惨に死ぬの最高じゃないですか?しかもその男の死を聞いたホームズがまるで嘲るかのように口笛を吹くの最高and最高じゃないですか?気になったら原典の『入院患者』を読んでくださいどうぞ!!!!!!ハイ!!!!!!!!既にネット上にあります!!!!!!!!無料でいつでも読めます!!!!!!!!!!)

 

話が逸れました。そしてこれは悲しいことなんですが、おそらくシャーロックホームズはFGOプレイヤーからあんまり良くは思われてないかもしれません。

Twitterのサーチにホームズって打ったらサジェストにすぐさま「嫌い」が出てきた時期がかなり長くありました。推しが嫌われてるってこういう辛さが.........ってなって非常にへこたれそうでしたが、マジで本人が一切気にしていないようだったので私も気にしないように心がけました。第2部で人気が上がったようで本当に嬉しいです。

まあこの男は元からめっちゃくちゃ不穏なキャラなのでクトゥルフ関係者疑惑や人類悪疑惑が何回も何回もかけられてるんですが......。私もそう思います。ニャルラトホテプかイス様じゃないかと思ってます。

 

彼を推す理由は過多ですが、まず一言で述べられてその上相手に納得してもらえる最高の推しポイントなんですが、滅茶苦茶に顔がいいです。

とりあえずそっから始める。始めるんだが。これは恐らくだけど、この人は『中身』で嫌われてるんだと思う。わかるよ。いろいろとあの、アレだし。2017夏イベの件に関してはちゃんと理由があったので......大目に見て.........もらえたらいいなと.........それに第2部のホームズめちゃくちゃかっこよくない......?お茶目に通信を飛ばしながら出撃も後援もどっちもやってのける男............

いやそれでも擁護は難しい中身である。私もこんな性格した男と付き合ってたら頭痛くなりそうです。この中身に加えて全ての要素を統合したシャーロックホームズだからこそ好きなんです。なんなんだよ信者かオメー。

 

えっとそうだね、まず顔が良すぎなんだよな。美術品みたいな完璧さ。逆に違和感持ってしまいそうなレベルで美麗。そして衝撃的なのが、FGOゲーム内で見られる数多くの宝具演出の中でホームズの宝具には顔ドアップのカットインが用意されてるってことです。

えっこんな顔がいい男の顔ドアップ?

 


f:id:flovehal0980:20171122230836j:image

 

 

 

(ため息をつく)

 

 

はァ〜〜〜〜〜〜〜〜??????????

キレそう

 

ペルソナ...!とか言い出しそうだろ?

いやそもそも美人すぎるってこの人!!!!????意味わかんねェ〜〜〜〜〜〜〜〜は〜〜〜死ぬ私が 私が死ぬ リピートアフターミー私が死ぬ

 

これさ この人美人ってことを自覚してそうでしょう?

私もそう思ってたんだけどこの人シャーロック・ホームズ原典(原作)だと「自分の頭脳以外はただの付属品」と見なしてるんですよ。その細長い身体も。神経質そうな細い腕も。薬品で腐食されていく血色の悪い手も。おかしくない?原典で自分の顔がいいと自覚してないホームズなんなの?

これは朗報なんですが、第2部ストーリーでその顔の良さをようっっっやく自覚したと思われます。人から指摘されて困惑しながら手鏡見て自分の顔を確認してました。死ぬほどかわいいな?もはや腹立つ。好きすぎて。

 

何が言いたいかと言うとですね、FGOのシャロを知ってしまったからにはもう原典を読まない方がいいということです。下手すると沼ります。下手しなくても沼る可能性があります。ギャップ萌えに弱い人特に。日常生活に支障が出ます。さっき入院患者を勧めたのに何言ってんだ?って自分でも思うんですが、シャロに嵌り過ぎて私が入院患者になりそうです。

しかし私は原典を読んでしまいました。恐らくもうだめです。ずっと底なし沼です。

 

そしてあの男の世界的知名度はとんでもない。あの男は英語の教科書に堂々と載るしあげくに現代文の教科書にも堂々と乗り込んでくるので油断も隙もありゃしねえ。ニュース番組でも突然名前が挙がったりする。報ステとか。報ステとか。ありがとう報ステ

 

書ける時間が減ってきた。

なんか語れたようで何も語れてない気がする。とにかく今後、シャーロックホームズが皆さんの前に現れたら、どうぞ彼をよろしくお願いします。私のフレンドさん、ガチャで引けなくても問題ありません。エクストラクラスに暢気に鎮座しているスキルマ・レベルマのホームズをどうぞお使いください。私が喜びで舞います。

 

ところでワトソンくんの実装はまだですか?ホームズにとっての「僕の伝記作家」の実装はまだですか?ホームズにとっての「たった1人の友達、親友、同志、習慣(公式どういうこっちゃの???)」であるワトソン博士の実装はいったいいつに

 

 

まだですか。そうですか。待ちます。いずれ来て。頼むから。

頼むから。

 

 

虚月館ピックアップ2ありますよね?ね?

いずれ死のう死のうとは思ってますが最近の自分が無能すぎて死ぬ他ない。

人に迷惑かけずに死ぬ方法がないのが不思議。なんか......神はそこを想定しなかったのかな......

人間はダメなもんから死ぬべきです。私も死ぬべきなのに死に方が見当たらない。マンドラゴラ引き抜くかなにかして不慮の事故で死にたいんだけどな。

高校2年生は更なる地獄。いずれさようならって言う日が来そうです。

白仮面

昔の思い出だし特にどうということはない。

 

小学一年生の時、三学期も終わりかけの頃、クラスのみんなで記念撮影をした。

みんな揃って楽しそうに写った記憶がある。ビジネスライクの世界に突入すると笑顔なんて薄い装甲だが、小1となると人類みな兄弟精神の子供たちが教室内に蔓延っている。なのでクラスメイトは仲良しこよし。クラス内の人間の大半にはいじめという概念すらない。先生のやさしい政治下に置かれてすこやかに暮らす。

しかしその中で軽くいじめられていたから私の人生お察しというものである。いや話せる相手はいたよ。いた。いたからクラス内での人権はあった。あったはずなんだ。

なのであまり1年の話はしたくないがその理屈でいくと今後小3の話も小4の話も小6の話も一切できない。なので話す。

いや、そんなにヤバかったのかって言われそうですが、ヤバかったから追及しないでください。察して笑って。だって幼稚園卒業後から人生の闇の時代始まって終わらないんだ...。

 

何の話してたのか。撮影だった。

年度末の写真撮影なんてめっちゃくちゃよくある。けど、小学一年生でも「みんなで思い出を残したい」というよくわからない友情は持てたんだな、とその時を思い返すたび感じる。連中はすごい。広く深い友情を重んじるパリピとしての目覚めが早い。

撮影場所はビオトープ。今の自分だったらすごく嫌々行ってただろうけど、その当時私も『やかましい』部類に入る娘だったのでキャイキャイウホウホ言いながらビオトープに向かって、みんなと並んでパシャリとしてもらった。

 

そしていよいよ年度末のさらに末となって、ビオトープで撮ってもらった写真が教室の後ろの黒板に飾られた。

みんなこぞって写真を見に行った。1年間積み上げてきた友情の集大成ならそりゃ見る。私も深い友情を積み上げられた相手などほぼいなかったけどとりあえず見に行った。見に行けという強迫観念がどことなくあるもんねあれ。

 

みんな仲睦まじく写っているが、私にとってはそれどころじゃねえ事実がいきなり目に入る。

 

男子生徒が腰に手を当てている。その腰と腕の間にいた、物理的にも倫理的にもありえない位置にある白い仮面。

 

 

露骨なレベルでの心霊写真である。

 

 

なんかびっくりしすぎてよく分からないこと言ってたと思う。テメェ何者だア゛ァン!?誰の許可取って担任先生の撮った写真に写りこんでんだオ゛ォン!?露骨だなテメェどこ中だァ!!とか言ってたんじゃないかなあ。どうでしょう。わかんねぇ。

しかしあの白仮面くん、おわかりいただけただろうかとかそういうレベルではない。百均で売ってるホラーグッズの生霊がなんの縁かよりによって小学校にカチコミしてきたようにしか見えないレベルだ。

なんという大発見。あと少しで進級する私が最後に見つけたとんでもねえ野郎。

無論小一の私がそれで黙るわけがない。すぐさま隣の女子に声をかける。ここで心霊写真の存在にみんなが気付いてくれたら嬉しいなー!なー!という善良な目的で私は叫んだ!

 

「この白いやつ幽霊やん!!心霊写真!!」

「えー!これ?違うやろ!先生どう思う?」

「写り具合でこうなってるんだと思うよ?」

「だよねー」

 

数秒ぐらいで一蹴された。違う。一蹴されたあとに二蹴ぐらいされている。そうだよね、死体蹴りよくないよって習うのは義務教育内の道徳授業だけど私達まだ小1だもんね。うん。

やはり、結局白仮面を白仮面として認識したのは私だけだった。みんな幽霊とすら認識しなかった。

ビオトープで写った白仮面くんにはそのまま何の追及も及ばないまま小学1年の課程は終了し、パリピ族と共に私は進級を果たした。

ビオトープの写真は白仮面ごと藻屑に消えたと思われる。消えていなかったとしても誰が保存しているんだ。もう進級から9年にもなるぞ。

 

そのあと色々あった。小学生の時にできた友達の大半とはもう一切連絡を取っていない。今交友関係がある小学生時代の人間はたった3人だ。

小1のクラスのメンバーについてなど何も覚えていない。その時仲が良かった人間とも連絡はとっていない。もうわかっている。だいたいどうせそんなもんだ。

 

しかし白仮面については、確実に死ぬまで私の脳裏に張り付き続けるだろうという確信がある。小学生時代の黒歴史の記憶は卒業後すぐさま薄れたので、もうあいつしか覚えていない。

あの白仮面のチープすぎて逆に衝撃的な姿を思い出すたびに、ビオトープでの記念写真がやけに素晴らしいものだったかのように思える。

私の中であの撮影自体に価値はない。撮影という行為で得られたものは一切ない。思い出もなにもなかった。

しかし教室の後ろに飾られた記念写真、その中にいた白仮面の存在はあまりにも大きすぎる思い出になった。友人がいないからこそ私はあの変態仮面に気づけたのかもしれない。

あれと友達になりたいなどとは全く言えないけど、あれは悪いやつじゃないだろう、とは思う。

 

しかしあいつはすごいな。男子生徒の腕と腰の間狙ってきたあたり白仮面の性癖がビンビンに感じられる。私も生霊化できたなら民王に出演して貝原茂平(演:高橋一生)の出てくるシーンに映りこみたかった。だって貝原茂平を邪魔しない程度に貝原茂平を堪能させていただきたいというのは原始的欲求であって誰にも否定されないものだよ。わかるだろうショタコンの白仮面。お前に手があればよかったのに。かたく握手したかったぞ。

すごく性癖の共鳴を感じる。どうだい?私が成人したら一緒に遠征してコミケ行くかい?私も成長してオタクになったんだ。ぼっち遠征互いに辛かろう。

 

話が逸れすぎている。

みなさんのお持ちのお写真に白仮面くんがいらっしゃったら、お祓いの前に御一報ください。そいつ悪いやつじゃないと思います。根拠はありませんが多分。

にっき

精神が元気になる薬がほしい!

 

最近見知らぬ人と話したくないという欲求がますます大きくなりつつある。

もうすぐ高二になりますが友達と家族とTwitterの方以外とは一切話したくないです。誰とも話さずできる仕事ってない......?ないのか?本当にないの?つらいなあ

電話応対って電話かかってきた瞬間死刑宣告だと思います。生きるのに絶望です。もうとにかく誰も私に話しかけないでほしい。私も何も言わないから。私は...働く空気や......

 

なんかいろいろ不調です。眠いです。

↓の設定だけ

視点主→リフ(16歳女) 相手→ユリア(自称16歳男)

 

リフ

幼少期に父が病死してから心の病を患ったので、街から辺境の村に療養のため引っ越してきた。性格が悪いだけの普通の女。

いろいろあって現在名ばかりの村長を任されている。だってこいつらの設定元とびだせどうぶつの森だもん...

ユリアがめちゃくちゃに嫌い。

 

ユリア

リフが村に越してきた日に突然『発生した』少年。突然現れたこいつをリフは不審者だと思って交番に突きだそうとしたがリフ以外の村の住人には「いつからいたかは知らないがこの村にいても不思議ではない少年」と認識されている。理由は不明。なお『発生』してからまだ5年ぐらいしか経ってないので私はこいつを5さいと認識している。

村でカフェを経営している。品物の味はとてもいい。

リフのことが大好き。というか人類平等に愛してる感ある。

診断メーカーから創作カプ小説

盾を構えろ!誰得小説だ!こいつらの設定はTwitterの@ flove_last_war にまとめるかもしれません。

 

 

 

 ***

 

「この男の脳みそはピンク色をしているに違いない」

カフェの丸いテーブルを隔てて、向かい合わせに座ったまま、ユリアはコーヒーを飲みながら私を見て言った。
言葉の真意が掴める気がせず、私はユリアの憎たらしい真顔を睨みつけるように覗き込んだ。
なにか理由があると思った。わけもなしにこのヘタレボーイがそんなにグロテスクな妄想をできるのか?

「俺を見て、そう思ったことはないか」
「は?」
「俺の脳みそは何色だと思う?」

ああーなんということでしょう!ユリアが然るべき研究機関に行く日が来てしまったではありませんか!
とうとう精神病院レベルまで落ちぶれたか、と思って、私はそっとハンカチを取り出して涙を拭く素振りを見せる。が、ユリアはそんな私の手首をそっと押さえて優しく首を横に振った。私たちの座るお互いの椅子が軋む。

「何色だと思う」
「ユリア君、参考までに聞かせてほしいんだけど脳死してる人間の脳って何色?」
「リフは面白い罵倒を覚えてきたな」

ユリアは真顔で面白いなどとほざいた。この男のそういうところが脳死患者だと私は申し付けたい。ユリアはカフェ店員だから、自分の感情と倫理をコーヒー豆と一緒に磨り潰したのかなあ、と最近は真面目に考察し始めている。
私の性格をバラバラになった倫理観を無理やり繋ぎ合わせたような状態と形容するなら、この男は倫理観を神にハンマーで叩き割られた上でそれに気づいていない状態だろう。

「脳みそピンクって何なの?暗黒趣味の幼稚園児の落描きとか見て気になったパターン?」

私は思わず聞いてみた。どこでそんなグロテスク知識を浴びたのかを知りたかったのだ。自衛は勉強から始まる。爆発物はどこに潜んでいるかわからない。
ユリアはまた真顔で答えた。

「お前の13歳ぐらいの時のお絵かき帳を見て気になったんだよ。グロテスクな絵。目が青く塗られてる人間がいて、その頭から飛び出た脳みそがピンク色で塗られてあった。迫り来る死に苦しむ表情がよく表現されてたな」
「あぁ......それは......黒歴史......」
「あれ俺のことを描いたんだろ。俺の目は青いからな。ツヨさんから教えてもらった。永久保存決定らしい」

「は?」

全米が驚愕する形勢逆転が起きた。
私の表情筋が凍結した。あっこれは未来が見えなくなってきた。もう駄目だ全人類私と一緒に死んでくれ。なんでコイツ私の絵見ちゃったの?あとなんでお母さんコイツに託しちゃったの?ばかなの?しぬの?えっこれ隕石落ちねえかな。明日あたり降ってきてもよさそうな気がする。我が主よ人類史のリセットを。今。できるなら今やって。

「リフ...表情筋が死んでるんだが......」
「てめえに言われたら世も末っつってんだろ.....」
「お前の口癖に言い換えるなら、絶望しすぎて光堕ちした結果菩薩に生まれ変わった悪鬼の顔をしているぞ」
「死んで?」

顔を両手で覆ったまま隕石が落ちてくるのを待つことにした。いやーすごい人生だった。ユリア君きみはすごい。君は死んでも殺してやる。

「貴様はパンドラの箱を開いた。みんな死ぬ」
「じゃあ、リフは中二病の箱を開いたんだな......?」
「死んで」

ユリアは真顔でも哀れみ顔に見えるのが特にぶっ殺したいポイントだ。私には慈愛が殺意に見える。死の際にいる私をほっといて、リラックスしたままコーヒーを呑気に飲んでいるこいつの顔の方が愛らしく思えてくるのだ。

「ユリア。わかった。お前の脳みそはおそらく黒い」
「黒いのか」
「肺は煙草吸いすぎたら黒くなるんだろ?お前は存在から害悪だから脳みそも黒い。証明完了」

そうか、そういうことにもなるのか、とテーブルを隔てた向こうでこくこくと納得げに頷くユリアを何としてでも殺したくなった。まずオメーからだよ。どんな悪態ついても足りなくなったから後は暴力的手段しかねえんだよバカ野郎。
待ってろよ。このまま隕石落ちてこなくても後日私が手を下すからな。

「じゃあどうして昔の俺は脳みそがピンクだったんだろうな」
「そこ追求すんの......?」

しかしダメだ。ユリアは私の殺意など意に介していない。どうして私が怒ってるかすら理解していない可能性もそれなりにある。わかっている。私が一番知っているのだ。あなた頭おかしいですねと指摘されないとダメな男なのだ。無知は罪とはよく言えている。この男の生きざまを言語化したワードだ。

「ただ単にあの時の私、脳みそ飛び出して死にかけのお前を描きたかっただけじゃねえの」
私は普通に頭に思い浮かんだ説を用いて彼を罵倒した。

「確かに。死に悶えてたしな、俺の滑稽本でも作りたかったのかよ」
滑稽本は小説だよ、脳みそドス黒野郎」

この男にはもうどんな罵倒も通じない可能性もあるんじゃないか、と思うこともある。全人類死んでもこいつは堅物を貫きそうな気がしないでもない。
ユリアは私の悪口を聞きながら、また1口コーヒーを飲んだ。

「俺が死ぬ時は、ピンク色の脳みその持ち主らしく、
死にたくないと渇望して、死に恐怖を覚えて表情を歪める。そういう未来をお前は望んでいるんだな」

その言葉を言った時、こいつが目を細めたのは気のせいだったろうか。よくわからないが、囁くような笑い声も聞こえたような気がする。


「まさか今笑った?」
「かもしれない。そうだとしたら、俺は何色の脳みそだ?」
「せいぜい黒ピンクだよ」

ユリアはどこか安心したような表情を見せた。

😀

f:id:flovehal0980:20180218171727j:image

きょうはコメダ珈琲店に行ってきました!💕

シロノワールキュートのフルサイズを初めて食べてみたけど、やっぱりお値段高め&期間限定なこともあってすごくおいしかったよ😘😘😘

お店も綺麗だったからまた行きたいな〜❗

春になったら新メニューの追加もあるかな?たのしみ😻🎶

 

 

 

 

 

 

 

 

前回のパリピ文章から成長が認められねえじゃねえかクソがと書きながら感じております。というかさっきまで小説のグロシーン書いてたのにこんなパリピ日記書けるんだから才能は多少あるはずなんですよ。多少は。いちごソースが人の生き血に見えんこともねえな......?

 

いや、小3の時はパリピ街道まっしぐらだったんです。信じていただきたい。クラスの女子の中で一番うるさいとか言われてたんですよ。人格形成に一番ヒビ入るようなクソイベントがよりによって小3の三学期に起こったのでそっから堕落してしまったんですよ。

過去変えれねえかな......でも変えたら今の自分が殺したいほど憎いクソ野郎どもと遊びながら生きることになるんですね。嫌ですね。殺人犯したくないので私が過去を変える前に早く不慮の事故で死んでいただきたいですね。